イノセンス6たび

6度目の来場、7回目の観賞。
メルシャン品川アイマックスシアターにて。客の入りは1/3以下。
早々に上映打ち切られる予感がするが、それはそれ。

まずアイマックスの第一印象。「画面でかっっっっっっっっ」
携帯のカメラでは一番後ろから写してもフレームがおさまらない。それぐらいでかい。
椅子のサイズや間隔はなかなかぐっど。

で、本編だが。
まず、予告がメルシャンだけでいきなり本編のみなのがすばらしい。
東宝のロゴをこんなでかいサイズでおがむのも初めてかも。
冒頭の長距離スカウトが迫ってくる場面から入り込みまくり。
オープニングCGのハダリ眼球などはこれでもかという特大サイズ。
祭礼のシーンなどはその場にいるような臨場感。これぞアイマックスか。
鬼がこわかったですよ。

視点移動が激しいシーンなどはめまぐるしく動くので目がついてけない
部分もあったが、おおむねド迫力映像を満喫。
目が痛くなったが、満足度も最大値に。また来よう。
一番感情移入できたのはやっぱりキムのヘタレぶりのような。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中