ソメイヨシノが開花したようだ

http://weather.msn.co.jp/sakura.armx

今年はのんびり花見をしている余裕があるだろうか。(昨年はあった)

広告

WBC決勝だそうだが

PCがメモリ使用率100%でまともに動かなくて往生しておる。←無関係
一昨日のMicrosoft Update以来の症状。参った。とりあえず亀の歩みでプロセスをひとつずつ落としているが打開の道は遠し。

追記:
あ、優勝した。おめでとうございます。
で、依然として使用率100%。うーむ。

バタバタの法則

自らばたばたしてるという人は実はそれほど忙しくなくて単に要領が悪いだけ。最近この実例によくぶち当たるので自戒をこめて。要領よくいろいろなことをさばく人は結果的にばたばたしないですむ。とにかく人が書いたメールにはさっさと返事を書けと言いたい。一時間以内に。

食事マナー考

昼の定食屋、夜の飲み屋、ファストフードで特に気に障るのが食事マナーなわけだが
・箸のマナー(引き寄せ、迷い、人を指差す、ちゃんと揃えて置かないなど)
・食器のマナー(茶碗を二本指でとか、わしづかみとか)
・食べるマナー(いわゆるクチャラー(殺意)、食べながらしゃべる,肘つき、片手食いなど)
・食後のマナー(楊枝使い、胡坐かきなどの過剰なリラックスなど)
がなってない人が最近増殖傾向にあるような気がするのだ。自分がどうも厳し目に躾けられたせいか居住まいがなってない人はお里が知れるというか見ていて情けない。おまいらの親の顔が見たいですよ。知人関係には幸いそういう人が少なくて助かる(てか、そういう人とはお近づきにならない)。学校で教わる犬に芸を教えるような勉強なんてどうせすぐ忘れるので、修練やお作法の講義を充実させるのが先決ではないのかな。あと、電車でコンビニ弁当食う人が妙に増えてきた。目撃してしまうと吐き気がしてくる。私の感覚では食事処でないところでの食事もマナー違反(だから歩き食いや立ち食いもちょっと)なのだが、気にしない人が増えているのはやな傾向だなと思うことよ。

あ、でもときどき自分も肘ついて食べてるな。気をつけねば。

本日のFFXII
約4時間。アイテム不足につき地下牢で全滅。先は長い。連続で遊びすぎて頭いてー。ちなみにバトルはガンビットまかせでほとんど考えてない。こりゃらくちんだ。よくできてる。

私の中の黒い人と白い人について

自分の中には黒い人や白い人がいるねという話題で盛り上がった。自己分析してみたので記録しておく。私の場合はその他透明な人もいるらしい。

黒い人の特徴;
・痩せぎすで黒いしっぽが二本ある
・基本的に口が悪いが、根はいいやつ
・偏屈、小児的、短絡的、享楽的
・非常に飽きっぽく気まぐれででたらめ
・お菓子をあげると喜ぶ
・口癖「やってらんねえよな」「こいつよくいうよ」「もう帰ろうぜ」

白い人の特徴;
・ずんぐり体型、穏和
・平和主義が基本、争いやもめごとがきらい
・辛抱強いが、追い込むと逆ギレする
・お茶とお菓子をあげると喜ぶ
・口癖「まあここは我慢してがんばろうよ」「仕方ないようんうん」

透明な人の特徴;
・無色無臭、奥行きなし
・あらゆるものから等距離に身を置いて常に観察している
・興味が続かない、何をあげてもよろこばない
・批判的、性悪説、天邪鬼
・口癖「ふーん」「それで」「いいじゃん別に」

黒:白:透=7:1:2ぐらい。あと、年に一回ぐらいラテン系も出現するが非常にレア。

FINAL FANTASY XIIは久々に発売日が待ち遠しかった件

あ、もう発売日になっちゃった。

約3年ぶりなわけだが、とりあえず今回も買う。プレイする時間があるかどうかは微妙だ。

参考:私のFF歴
I-VI
全スルー、まるで食指動かず。なんでだろう

VII
やりこみすぎて仕事に支障が出た。バトルプランディレクター(当時)であるmachanの家で大画面プレイを鑑賞できたのはよい思い出なり。釘バットプレイワロスww
召還獣エフェクトはこの作品が一番気に入っておる。

VIII
発売日は雪の日だった。レベル上げに比例した敵の攻撃力アップにげんなり。ジャンクションとガーディアンフォースを使いこなせず。グラシャラボラスもとりそこねるし。まあオメガウェポン倒せたのでよしとする。エンディングは個人的にはこれが一番好き。

IX
あまり思い入れなし。一度クリアしたらすっきりした。

X
プレイ時間最長記録保持。絵も音楽も完成度高し。デジキューブのCMがばんばん流れてたあの時期が懐かしい。ラスボスバトルで泣く。しかしバランスがとれてて遊びやすかったなあ。FFXインターのヘレティック召還獣の容赦なさがお気に入り。

X-2
アイドルかよ、おいおい。ミニイベント多すぎて途中で挫折。

XI
全スルー。ネトゲは興味なし。

さて今回はどうか。なにげに完成度が高いという評判だが。