【ぎんなん】ありがとう、さようなら

昨日は一日かけてぎんさんとお別れをしていました。他界してから時間が経過して少し落ち着いたので、文章を書いたりする余裕もでてきました。

一夜明け、おかげさまで哲学堂動物霊園にて火葬も無事終え、ぎんさんは手元に骨壷として帰ってきました(猫の骨は初めて見ましたが、とても小さいので驚きます)。とても狭い箱に押し込められてしまい気の毒ですが仕方ありません。今後、動物用の墓に合祀するか個別に納骨するかは落ち着いてからじっくり考えますが、ともあれぎんさんはまた住み慣れた我が家に帰ってきました。

少し長くなりますが、これまでの経緯につき書き記しておきます。

7月初めに容体が悪くなってから約一カ月、もともと動物は痛いとかしんどいとか口に出せない生き物だけど、ぎんさんはさらに我慢強い子なので表には出さず。病院で診断したときはやや手遅れに失した状態でした。最初の検査では腎臓炎を疑われ、ひたすら投薬の日々。いやがる薬を半ば強制的に飲ませる気が重い日々でした。もともと病院嫌いなのを毎週連れていかれて、本人もさぞかし不快だったと思います。

その後の血液検査の結果は白血球異常。皮下点滴と投薬の併用で様子をみたものの、ほどなくリンパ腫の疑いにて入院措置となります。それでも文句ひとついわず(もちろんいえないのだけど)入院もしてくれて、胸にたまる水を抜いて体調も少し落ち着いた矢先、入院5日目の朝に容体は急変しました。癌の症状の進行の速さは恐ろしいものがあり、ほどなく危篤状態に。最後の土曜日の朝には人工呼吸と人工心肺で半強制的に生かされている状態で、駆けつけたときには瞳孔も開いてて飼い主の見分けもつきません。最期は飼い主の願いもかなわず、静かに心臓は停止していきました。

目の前でぎんさんを看取ることができたことだけが救いでした。

「飼い猫はぜったい主人のそばで主人の都合にあわせて上手に亡くなる」と云ってくれた方がいましたが、土曜日の早朝に急に亡くなったのも、私の負担とか時間的制約とかぎんさんはわざわざ選んでわかってて、長引かせないように工夫してそういう亡くなり方をしてくれたのかもしれません。週末でお盆休みで、ちゃんとお世話できるときでよかったと思います。

我が家にやってきてから6年10ヶ月あまり、ぎんさんはお世話にとても手間がかかる子ではありましたが人に迷惑はいっさいかけなくて人懐っこくて素直なよい子でした。そしてぎんさんは最期まで人に迷惑をかけない素直なよい子でした。この子のおかげで日々がどれだけ豊かになったかわかりません。

ぎんさんありがとう、さようなら。お前に会えてよかった。お前のことは一生忘れないよ。

ぎんさんがいない日々はしばらくとてもさびしい日々になると思いますが、残されたもなかさん(9歳♀)との日々を充実して過ごせるようにしたいと思います。もなかさんの体調管理もより慎重に考えていかなければなりません。猫とかかわりをもったヒトとしての責務を尽くしていきたい。しばらくしたらまた笑顔で猫と日々過ごせるようになることでしょう。

最後になりますが、

ぎんさんにゆかりのあったすべてのみなさまへ。
コメントをはじめ、温かい励ましをいただき本当にありがとうございました。飼い主として至らぬ点は多々あれど、ぎんさんは生涯でかかわりのあったすべてのみなさまに感謝して天国へ行ったと信じております。ありがとうございました。

猫と日々を過ごすすべてのみなさまへ。
ペットにはいつかお別れのときがやってきます。その日がくるまで、可能な限り家族の一員として精一杯愛情を注いであげてください。心からのお願いです。

もう一度だけ、
ぎんさんありがとう、さようなら。お前に会えてよかった。お前のことは一生忘れないよ。

p.s

ぎんさんへの献花は環境への配慮で棺には入れられなかったので持ち帰り、我が家で生き続けています。

Img_0154

広告

【ぎんなん】症状と経過

入院4日目。
本日2回目のお見舞いへ。よく動き回ってました。でも点滴チューブのせいで自由に動けなくて退屈そう。

食欲は復活し、呼吸も安定とのこと。とりあえずは安堵ですが油断はできません。仮退院できるかどうか判定するため本日午後より酸素ボックスをオフにしてみて呼吸が悪化しないか様子を確認、問題なければ明日一時帰宅の予定です。しかし肺に水がたまるのは止まらないだろうから定期的に通わなければいけなくなりそうで、本人の体調とテンションがとても心配。

今のところ、病院の見立ては「顆粒球状リンパ腫」。ひらたく言えば猫の癌。肺にたまる水にリンパ球が大量に発見され、ほぼ間違いないとの診断。放置すれば余命数ヶ月、抗がん治療しても一年二年という悪性の病気だそうです。最初にきいたときは耳を疑いましたが、犬に比べて猫がかかりやすい病気だそうです。人間でいえば50歳弱。早すぎです。

飼い主としては今できることをすべてやることで一日一秒でも長くこの子と過ごす時間を作れればということだけです。本人の生きる力を信じて全力で支えてあげたいと思います。これからやることは沢山あります。落ち込んでいる暇はありません。

そういうわけでぎんさんはまだまだいきるのです。

携帯からの写真のアップロードがうまくいかないのですが、とりいそぎサイドバーに表示しました。(本当は撮影禁止なのですがご容赦)

コメントいただいたみなさま、ありがとうございました。今のところ元気です。

ぎんさん入院中

数週間前から容体がおかしいので火曜日(8/11)に病院に連れていきそのまま入院。本日お見舞いに行ったところ、酸素ボックスに入って皮下点滴を受けながらじっとしておりました。

確定診断結果が出るまで少し時間がかかるけど、どうも重度の病にかかってしまった模様。放置しておけば数カ月の命らしい。

動物の寿命はヒトより短いのはもう宿命なのだけど、こんな早く直面することになろうとは夢にも思ってなかったです。獣医さんから症状をきいたときは目の前が真っ暗になってわんわん泣いてしまったけど、飼い主がうじうじしてもどうにもならないのでなるべく前向きに考えていかなければなりません。

ぎんさんはとてもよいこでがんばりや。きっと大丈夫と信じております。

経過は随時このブログにてご報告したいと思います。