入院なう(DAY4)

※今日はいろいろ痛いです。若干グロ表現注意

6時に起きた。朝食はまだおかゆ中心。

朝食後まもなく治療。本日は鼻を密閉しているあれこれを引き抜く日。

この二日間どんなあれこれが入ってたかというと
1)ポークビッツサイズのスポンジ
2)万国旗状のガーゼ(20カ国分)

無題

画像はイメージです。鼻腔の中は思ったより空間があるらしくてこんなやつらを収納してても生きてられるとかもううっとり。

で、治療の場に赴くと先客がすでにいて、小学生ぐらいの男の子が自分よりぜんぜんでっかいデバイスを思い切り鼻に収納してたのを解放してるところだった。本気泣きしてるのでたぶん誇張無しに本気で痛いのだろうし「いたいよういたいよう」というのを本気できいたのはひさしぶり。立ち会ってるパパママもおろおろするギャン泣きぶり。かわいそう。

というわけで男子小学生に負けるわけにいかず私もギャン泣きしておかねばならない。

担当医は悪魔の女医さん。流血対策のエプロンして引き抜いたのを収納するトレイを持たされていざピンセット挿入。まずはポークビッツなのだがこれは痛みは一瞬。

いたいたたいたい

とかそんなかんじ。
次に万国旗たち。これは形状もごつごつしてて20カ国分ぐらいあるので引き抜くときの痛さは異常。鼻の中でG20とか別に開催しなくてもいいだろと思いそこは我慢して耐えたのだが

いででででででいたいいたいあだだだだつつつつぎゃあああ

とかそんなかんじ。そんな釣り針でこの俺様が釣られてクマー(10秒)とかそんな苦痛。当然流血どばどば。血塊ぼとぼと。心の中でギャン泣きした。

かくして無事に引き抜き完了。止血消毒しておわり。ありがとう悪魔の女医さん。

収納物は今思い出してもリアルグロ画像だったので記念写真撮りたかったけどこともなげにぽいと捨てられてしまった。残念。作業は所要時間5分ぐらいだったろうけど地獄の苦しみでした。(あっさり)
ギャン泣きしなくても(したけど)涙と鼻血を大量に垂れ流した自分の表情は思い出したくないねえ。

今回は手術跡にシリコンテープが貼ってあって、しばらくこれは貼って置いてほしいのだそうだ。はがす時のためのヒモが一本ついていてこれもそのままにしておくことのことで、片方の鼻の穴から白い糸が垂れている昔の蛍光灯みたいな人になっている。間抜け。引っ張ったら爆発するんだろうな。すぐはがすとはいわれたものの、その間に妖怪ひもをみるとすぐひっぱるが出現したらどうすんだと思う。ともあれしばらくマスク生活の予感。

ともあれ障害物なしでの鼻呼吸は超快適でこの手術を受けた甲斐があった。すーはすーは。嬉。あと退院が前倒しで金曜日になったとのお知らせ。喜。浮いた時間は呆然とできそう。

流血でぐったりしたのでひたすら寝る。すーはすーは。
起きた。

ごはんだごはんだ。今回から普通の食事に。

三日ぶりのシャワーで爽快。

寝る。すーはすーは。
起きた。

ふと気がつくと美女がお見舞いにカレーと花といろいろ持ってきてくれた。今回はあまり告知してないので来客は珍しく初めてのお見舞い人。ありがたや。カレーばんざい。アイスソイラテごちそうになりました。

306081737

別室に連行されていったツンデレじいさんの行方が気になっていたが、転院するでもなくやはり別室で介護されてた。相変わらず奥さんにぶちぶち文句言ってる。かわいいじじいだぜ。

ごはんだごはんだ。もりもりたべる。隣やはす向かいのおっさんたちは放射線治療の副作用か食欲があまりないそうで気の毒だ。隣でもりもり食べててごめんなさい。

体重図ったら下げ止まってた。(-4kg) 固形物食べ始めたとたんに元に戻るこの身体も改造してもらえないだろうか。

昼間眠りすぎたので課題図書のベルばら読んでたら夜中になってました。ベルばら面白いじゃねえか。寝不足気味で反省するが夜型なので仕方ない。

この日のツイート

http://twilog.org/kan65535/date-110525

広告