翠田あい(@AiMidorita)のフォロワーが激増

おめでとうございます。

//platform.twitter.com/widgets.js
個人的にはこちらのほうがすごいです。オラにスキルを分けてくれ。

ソースとともにあらんことを。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=heavensdooror-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4844333844&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

広告

IFRS任意適用の要件緩和ですかそうですか

企業会計審議会まわりでいろいろ動きがあるようです。

//platform.twitter.com/widgets.js
■CFOのための最新情報■

IFRS 任意適用の要件緩和で概ね一致/金融庁 企業会計審議会
http://blog.livedoor.jp/takeda_cfo/archives/1844969.html
会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

「IFRS任意適用緩和+カーブアウト」の方向性示す、金融庁審議会が議論(ITproより)」
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/5991.html

議事録を見ないとなんともいえないけど、
「任意適用要件の緩和については関係者が賛同」

「カーブアウトについては議論中」

ということでしょうか。

“IFRS任意適用の要件緩和ですかそうですか”の続きを読む

[書評]ExcelVBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術~変態Excel道へのいざない~

ペヤングサーバおやじ(仮名)絶賛編集による一冊ときいて購入。

サンプルコードのダウンロードはこちらから。

http://www.impressjapan.jp/books/3384_4

表紙のマスコットキャラ『翠田あい』の胸元に真っ先に目が行くのは仕様です。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=heavensdooror-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4844333844&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

だが2013/4/21現在現在フォロワー7名で全米が泣いた。

//platform.twitter.com/widgets.js

“[書評]ExcelVBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術~変態Excel道へのいざない~”の続きを読む

[書評]外資系企業経理入門-一冊で外資系の経理実務をイメージできる好著

読み進めながら新人時代にお世話になった外資系企業の帳簿とか伝票を思い出してあれ目から汗が。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=heavensdooror-22&o=9&p=8&l=as1&asins=441905963X&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

外資系企業所属、または外資系企業の経理部門を目指す読者向けに「外資系企業特有の経理知識」をコンパクトにまとめている。内容が妙にOracle EBS寄りだなあと思いながら読んでたけど該当パートはおっさんスキー指導員の桜本利幸さん協力なわけですね。納得。

“[書評]外資系企業経理入門-一冊で外資系の経理実務をイメージできる好著”の続きを読む

[書評]利益率の持続性と平均回帰-大日方隆

呼ばれた気がしたので。

【読書感想】 3月26日開催 企業会計審議会議事録

3月26日開催 企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議議事録

議事録中の大日方隆委員の発言に注目。(太字は引用者)

○大日方委員

もう既にアメリカとヨーロッパについては、企業の利益率が平均に回帰すること、つまり、のれんの価値は持続するものではなくて、ごく短期間のうちに消滅すると報告されています。わかりやすく言えば、のれんは規則的に償却したほうがいいという結果がアメリカでもヨーロッパでも出ていたわけです。

今回私が分析しましたのは日本企業について(非上場も含みますけれども)、約20万社を対象に23年間について研究したところ、それと同じ結果が得られ、やっぱり、のれんを規則的に償却するのが合理的であるという結果が出ました。

主要な分析結果が、あと2つあります。2番目は、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前利益、当期純利益の5つについて、利益の持続性が違っていることです。持続的であるというのは、今期得られた利益が翌年も同じように得られることをいいます。持続的でないというのは、今期黒字でも来年はよくわからないというあやふやなものだということを意味します。経常利益というのは非常に持続性は高い一方、税引前利益及び当期純利益の持続性は非常に低いことがわかりました。つまり、日本の区分計算において、異常臨時なものを経常的なものから分けている方式はきわめて重要で、これは投資家にとって非常に役に立つはずだといえます。持続的であれば将来を予測しやすいからです。どうなるかわからないものは予測しにくいので、両者を分ける区分計算は非常に重要だということが2点目です。

3点目は、海外では時系列で会計の利益の安定性が低下しているのではないかといわれています。その原因としては、会計基準が陳腐化したのではないかと、推測されています。つまり、ハードな物をつくる側からソフトなサービス提供へと経済が移ったために、今の会計モデルは陳腐化し、利益の持続性は時系列で低下しているのではないかという話があります。当然それに対して反論もかなり多くて、決着がついていなかったわけです。今回の私の研究では、利益率が産業平均に収束していくという部分を除いて考えて、きちんと検証すると、必ずしも利益の持続性は低下しているとは言えないことがわかりました。現在の会計モデルは日本のようなものづくり型会計モデルと言われることもありますが、現行の会計基準が時系列で役に立たなくなってきているとか陳腐化しているという証拠は得られなかったということが3点目です。

つまり、わらわれは日本の会計制度にたいして、そんなに自信を失う必要はなくて、日本の会計制度の合理性を信じていていいというのが私のメッセージです。

で、その分析結果をまとめた一冊。はいここテストに出ます。
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=heavensdooror-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4502475807&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

すみませんとても難しかったです。一夜漬けでは単位がとれません。

“[書評]利益率の持続性と平均回帰-大日方隆”の続きを読む

クラウド会計サービスの向かう方向性を予想してみたよ

ということで

高い完成度と評判のクラウド会計サービスfreeeを食べてみたよ
高い完成度と評判のクラウド会計サービスfreeeを食べてみたよ(個人事業主編)

の続き。freeeは筋のいいサービスという結論なのだけど、このサービスに限らずクラウド型の会計サービスがどのあたりをターゲットにしているのかぼんやり考察してみる。

“クラウド会計サービスの向かう方向性を予想してみたよ”の続きを読む

【書評】初めてでもよくわかる原価計算-原価計算をわかりやすく伝える難しさ

原価計算の仕組みを人に伝えるのは難しい。この本を読んでいてなおさらその難しさを実感した。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=heavensdooror-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&ref=qf_sp_asin_til&asins=4534050143

“【書評】初めてでもよくわかる原価計算-原価計算をわかりやすく伝える難しさ”の続きを読む