IFRS任意適用の要件緩和もいいけど背中押されないと動けないよ

日経1面でリークされていたけど内容はなんだかよくわからない代物だったようで。

最大で全上場企業のIFRS任意適用が可能に――金融庁が要件緩和を提案 - TechTargetジャパン 経営とIT
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/28/news07.html

「IFRSと日本基準の折衷案」なんていらない。 – ■CFOのための最新情報■
http://blog.livedoor.jp/takeda_cfo/archives/1858158.html

国際会計基準の強制適用、当面見送りへ 金融庁(日経より) | 会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/6061.html


傍聴に参加した中澤先生によればこんな風景だったようです。

//platform.twitter.com/widgets.js
で、要件緩和で理論上は2900社以上が適用可能になるということだけど大義名分がないと余計な投資はかけないだろうし経営陣もゴーサインは出さないだろうし監査人もいやがるだろうしで自然に任意適用対象が広がるとは考えにくいです。適用対象企業に助成するとか後押しするものがないと企業側は動かないでしょうね。

武田さんも書いてるけど、十分な時間をかけて準備すべきだとする一方で適用タイミングを決めないという矛盾した対応が今の混乱を生んでいるわけで、これはどこかでリーダーシップを発揮してもらわないといつまでも決まらない気がするのでございます。

あとJ-IFRSとかいう謎ワードで関係者を混乱させるのはやめてください。カーブアウトならカーブアウトといえばいい。

といった議論は2011年6月には終わっているべきだったのにもかかわらず強引に待ったをかけて2年間を無為に費やした当時の政権と当時の金融担当大臣の責任は大きいと思います。IFRSが万能のモノサシとは全く思っていませんし策定過程のぐだぐだぶりを眺めていてこんなのにのっかって大丈夫かとか思うけど、それならなおさら主導権をもって策定に参加できるように働きかけるべきだし(実際そうしてる)国内での周知啓蒙はもっと大胆に進めていいぐらい。金融庁やASBJがリーダーシップをとれないとしたらどこがとるべきなのでしょうね。クライアントに対峙する立場としては早く方向性を決めてもらって関係者に安心して取り組める環境になってほしいというのが正直なところです。

黒船的ななにかが来るので国内でこねくりまわしている間にことはどんどん進んで気がついたら出遅れてた、という構図がいつものなにかを思い出させるのだけど思い出せないのでこのへんで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中