【書評】南場智子「不格好経営」誰に共感できるかによって適職診断できる(かも)

結論から書くと、今年読んだビジネス書のなかでは白眉。経営書なのに読み物としてめちゃくちゃ面白い。

マッキンゼーのパートナーという一方の極から事業会社をゼロから起ち上げて今の巨大企業を築くという一方の極を築いた著者の「魂の書」(あとがきより)。実体験の持つリアリティに加えて著者の軽妙な語り口に押されて一気に読み進められる。

“【書評】南場智子「不格好経営」誰に共感できるかによって適職診断できる(かも)”の続きを読む

広告

クラウドライティングを試みる

といってもクラウドソーシングでライター募集とかではなくて。

慢性〆切破りの体質を抜本的に改めるために書きかけ原稿をクラウドに置いて(関係者に)いつでも見られるようにしておくという試み。まあ誰かすでにやっているだろうけど、そろそろちゃんとしておかないと。〆切に関してこれ以上白い目で見られるわけにはいかない。

とりあえず置き場所はSkyDriveにするよ。これで常に追い立てられる心理状態になり安心して今日もよく眠れそうですぐう。

「経営とIT」連載:「IFRSへの対応はどうすればいい」と質問されたら

連載記事が掲載されました。ご笑覧ください。

TechTarget Japan 「経営とIT」

“むちゃ振り上司”にこういわれたら

【第3回】「IFRSへの対応はどうすればいい」と質問されたら

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1306/21/news02.html

電子証明書が普及しないのは使いにくさと印影信仰のせいなのか

読んだ。

電子証明書とは何か〜千葉市長、熊谷氏の印鑑廃止発言から考える〜
http://cloud-everything.freee.co.jp/2013/05/blog-post_29.html

市長の英断は評価したいが、前途は多難な模様。

電子証明書の利用に関しては

e-TAXに挑戦してみるよ(1)電子証明書を取得する
http://kan65535.typepad.jp/asc/2007/11/e-tax1-5896.html

を書いてから6年経過したけど、使い勝手はあまり変化していないようだ。

“電子証明書が普及しないのは使いにくさと印影信仰のせいなのか”の続きを読む