『起業のエクイティ・ファイナンス』がベンチャー起業家の新たなバイブルになる

読んだ。

前著「起業のファイナンス」の倍の厚さはあろうかという著者渾身の一作。ベンチャー・スタートアップ関係者は必読。おまいら読め。

だけで終わってしまっては申し訳ないので以下。

 

「起業のエクイティ・ファイナンス」ついに発売 – 「cakes」での連載

http://www.tez.com/blog/archives/post4658.html

ベンチャーブームを支える3つのツール 【特別対談】郷治友孝×磯崎哲也(前篇)

http://diamond.jp/articles/-/55868

不合理なファンド規制がベンチャー生態系を破壊する【特別対談】郷治友孝×磯崎哲也(後篇)

http://diamond.jp/articles/-/55988

磯崎哲也氏の新著「起業のエクイティ・ファイナンス」(ダイヤモンド社)を購入しました(取り急ぎ)

http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/archives/7383672.html

 

序章「今後の「ベンチャー生態系」の変化を考える」

前著から数年を経ての著者の問題意識の変化と世の中の変化についておさらい。

 

第1章「創業初期から考える資本政策上の注意点」

もうこのあたり常識として押さえておかないと起業家全員討ち死に確定じゃねというぐらい必要な内容ばかり。必要な知識体系に加えて著者独自の問題意識(上場の目的はなにか、など)もちりばめられていて読み応えあり。

 

第2章「シード・ラウンドの投資契約」 あまり見る機会がないであろうシード契約書ひな形の解説。正直自分もあまり見たことがない部分が多かったので勉強させていただきました。

 

第3章~第7章は実務的な内容が中心なのでバックグラウンドがないとちとつらいかも。

 

で、本書の白眉は各方面からすでに絶賛の声があがっているが別添の投資契約書ひな形。

//platform.twitter.com/widgets.js

投資契約書や定款のひな形を惜しげもなく開陳する太っ腹ぶりもそうだが、これらのひな形の向こうに見え隠れする過去の投資案件における阿鼻叫喚(たぶん)に目から汗が。

 

終章「ベンチャーの未来ビジョン」

著者の近年のスタンス「ステークを持つ」について。奥付にも引用されているこの一文は刺さった。

起業とは「政府や会社など、他人に命令されたことを実行する」といったことの対極にある、「自分で自由に考え、どんな環境であっても、それに合わせてチャンスを見つける」ということです。「人から命令されたことをやる」から「いかに自分で考えたことを実現するか」へと意識を切り替える「心の革命」であり、血が流れない「経済の革命」であるといえます。(中略)革命といっても、フランス革命や「アラブの春」などと違って、「国全体を動かす」といった大それたことを考える必要はなく、まずは自分が変わり、自分の周りの人を変えていくだけでいいのです。

究極的にはこの一文を書きたくて一冊書き上げたのではないかと推察する次第。

 

ということで、ベンチャー投資とエクイティファイナンスに関するエッセンス全部入りな本書。ベンチャー起業家の新たなバイブルとして加えていただきたい。

広告

試験対策メモ: CFE(公認不正検査士)

エントリ書くの何ヶ月ぶりだかわからないけど、5月に受験したCFE(公認不正検査士)の認定試験を受験してなんとか合格してた。一安心。忘れないうちに受験準備のことなど覚え書きにて。

資格の概要

http://www.acfe.jp/cfe/cfe-about/what-is-CFE.php

このあたりを参照。要するに不正の防止発見抑止の専門家ということらしい。

試験の概要

4科目を2日間にわたって行う。1科目2時間ずつの試験で125問中94問以上正解で合格。なお科目合格は3回目の受験まで有効。3回受けるまでに全科目合格してねということらしい。

  1. 「会計」(財務取引と不正スキーム)・・・不正は如何に実行・隠蔽されるか
  2. 「法律」(不正の法的要素)・・・どのような法的側面に留意すべきか
  3. 「調査」(不正調査)・・・不正疑惑をどう解明するか
  4. 「犯罪学」(犯罪学と倫理)・・・人はなぜ不正を犯すのか、どうすれば防げるのか

1は会計畑なら楽勝。
2は法務畑ならたぶん楽勝。
3は内容面で一番面白いのだが新しい知識が多くてとにかく覚えるしか。
4は、うーん。倫理よくわからない。

試験の準備

使う教材を何にするかでほぼ決まるといっても過言。マテリアルは大きく4種類ある。

  • 不正検査士マニュアル(CD-ROM)
    各セクションごとの知識体系をPDFで収録。今回は2005-2006日本版(改訂版)を使用。
  • CFE資格試験対策問題集(冊子)
    サンプル問題を約1,300問収録。
  • CFE資格試験対策問題集(Web教材)
    紙の教材と同じ内容で、苦手問題のみや模擬試験などを受講できる。苦手問題にフラグをつけられるので便利だが操作を間違えると解答履歴が残らないなど仕様に問題があるので注意。
  • eラーニング
    受験対策テクニックなど。お値段高めだけど指針がよくわかるので受けておくとよい

準備のポイント

紙媒体であれば「冊子」と「CD-ROM」を併用。
デジタルであれば「Web教材」と「CD-ROM」を併用。

デジタルに特化した勉強がおすすめ。自分の場合はCD-ROM収録のPDFをGoodReaderで開いてタブレットでいつでも閲覧できるようにしつつ、

Web教材の問題解く→苦手問題にフラグ→マニュアルの該当箇所にハイライト→周辺の記述を読む

の繰り返し。Web教材はすべての問題を一巡し目を通したあと
「苦手問題のみ解く」
「模擬試験を解く」
を基本に。模擬試験は30~40分ぐらいで解くのが目安。

以上のサイクルを3-5回転すれば苦手問題で解答が瞬時にわかるレベルになってきて、合格圏に到達する知識レベルにはなるはず。自分の場合は3月後半から準備してだいたい5回転ぐらいである程度頭に入ってきた感じで。

なお「CD-ROM」の内容を通読するのはおすすめできない。分量が多すぎるし、実際そこまで細かく出題されないことも書いてある。演習問題のおさらい程度で割り切って進める。

当日
詳細は非公表みたいなのでポイントだけ。

  • 問題は持ち帰れない。
  • 試験時間は2時間、1時間で退出できるので多くは退出している。
  • 苦手問題を4回以上解いていれば当日は90問ぐらいは即答できる。できてないとまずい。
  • 見たことのない問題は自分で考えよう。
  • 統計にもとづく出題は最新情報をチェックしておいたほうがよさそう。

試験内容そのものは不正に関していろいろ興味深いものも多いので、ご関心をもたれた向きあれば参照されたし。

「経営とIT」連載:「IFRSへの対応はどうすればいい」と質問されたら

連載記事が掲載されました。ご笑覧ください。

TechTarget Japan 「経営とIT」

“むちゃ振り上司”にこういわれたら

【第3回】「IFRSへの対応はどうすればいい」と質問されたら

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1306/21/news02.html

IFRS任意適用の要件緩和もいいけど背中押されないと動けないよ

日経1面でリークされていたけど内容はなんだかよくわからない代物だったようで。

最大で全上場企業のIFRS任意適用が可能に――金融庁が要件緩和を提案 - TechTargetジャパン 経営とIT
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/28/news07.html

「IFRSと日本基準の折衷案」なんていらない。 – ■CFOのための最新情報■
http://blog.livedoor.jp/takeda_cfo/archives/1858158.html

国際会計基準の強制適用、当面見送りへ 金融庁(日経より) | 会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)
http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/6061.html

“IFRS任意適用の要件緩和もいいけど背中押されないと動けないよ”の続きを読む

消費税増税(新消費税)関連リンク集

調べ物ついでにまとめた。随時更新するかも。刮目して待て。いや待たなくていい。

——————————–

■改正概要

首相官邸 : 社会保障・税一体改革ページ

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/syakaihosyou.html

政府広報オンライン : はじまりました! 新しい社会保障

http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/201208/index.html

内閣府 : 社会保障と税の一体改革

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/syakaihosyou/index.html

財務省 : 社会保障と税の一体改革

http://www.mof.go.jp/comprehensive_reform/index.htm

国税庁 : 消費税法改正のお知らせ(社会保障と税の一体改革関係)

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/kaisei/201304.htm

 

■法令・政令など

財務相 : 第180回国会における財務省関連法律(社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案)

http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/index.htm

houko.com : 消費税法施行令(政令56号へのリンクあり)

http://www.houko.com/00/02/S63/360.HTM

財務省 : 消費税法施行令の一部を改正する政令(要綱)

http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2013/seirei/bappon.htm

財務省等「消費税法施行令の一部を改正する政令」等を公布

http://www.tkc.jp/bigcompany/tkc_express/20130314009470.html

※官報へのリンク切れ

国税庁 : 平成26年4月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いについて(法令解釈通達)

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/kansetsu/130325/index.htm

「経営とIT」連載:「最近の会計ルールって何がどう変わったの?」と質問されたら

連載記事が掲載されました。ご笑覧ください。

 

TechTarget Japan 「経営とIT」

“むちゃ振り上司”にこういわれたら【第1回】

「最近の会計ルールって何がどう変わったの?」と質問されたら

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/15/news01.html

ネ申Excelの仕様がネ申すぎる件とe-Taxの仕様もたいがいな話

これはひどい。

 

公務員が公開するネ申Excelが日本の生産性を落としている話
http://togetter.com/li/469017

 

統計局e-statsの「単位付き入力」(なんなら全角もあるよ)も凄かったけどこっちのほうが凄かった。

 

美しき紙(ネ申)文化!データとしての再利用を妨げる役所風「ネ申Excel」
http://matome.naver.jp/odai/2136756323322197701

 

行の最小公倍数のマイクロセル化()によって可変行にも対応()とか斜め上すぎる。責任者出てこい。

“ネ申Excelの仕様がネ申すぎる件とe-Taxの仕様もたいがいな話”の続きを読む