生賴範義展III THE LAST ODYSSEY に魂を揺さぶられてきたよ

今年最後の重要イベントでした。

IMG_0761

前回のエントリ

生賴範義展に行ってきたよ

 公式サイト

ohrai.net

2016年12月3日より2017年1月15日まで開催。 宮崎での開催は今回で最後らしい。なぜか周辺の宿泊予約が全滅のため急遽日帰りの強行軍で。移動時間8時間滞在時間4時間となかなかハード。

今年もみやざきアートセンターにて。展示ポスターは「エンディミオン」より。

  IMG_0763

「ジュラシック・パーク」でお出迎え。

IMG_0767

お世話になります。

IMG_0774

写真撮影は原則禁止だけど、一部OKエリアあり。で、OKエリアにベガがいた。ベガでかいよ!しかも微妙に立体だよ!

IMG_0770

今回の展示総数は328点。「書籍・雑誌」「広告・映画・ビデオ」「拾遺集」「平井和正」「小松左京」「未完の油彩群」のコーナー別に展示されている。

「広告・映画・ビデオ」では写真と見まがう「HPME MY WAY」の別バージョンが展示されていてこれまた見入ってしまう。

「書籍・雑誌」では「ハイペリオン」「ファウンデーション」シリーズなどおなじみの表紙イラストに加え、これまで公開されてこなかったものが多く今回も新たな発見多し。谷甲州や大藪春彦作品の表紙で未見のバージョンもあり。 個人的にはベスター「虎よ!虎よ!」表紙イラストが拾遺作品として展示されていて感慨無量。

「拾遺集」はこれまで公開される機会のなかったものを中心に。講談社や早川書房から戻ってきた作品が多いそうで。「真幻魔大戦」11-15巻を中心に。「幻魔大戦」10巻モノクロイラストは染みが残っていて残念だけど生原稿を目撃できたので満足。19-20巻のモノクロイラストが展示されててほしかったけど今後に期待ということで。

で、 今回は「平井和正」「小松左京」が独立コーナーで展示されていて、ファン垂涎の内容になっている。撮影もOK。作品世界としては好きすぎて冷静に鑑賞することなどもはやできなくて、この空間にいられるだけで満足してしまう。 特に本邦初の「平井和正ライブラリー」シリーズ表紙(キャンソン紙にパステルで描いたのだそう)はその大きさと色彩感覚に言葉を失う。IMG_0775

こんなに。

IMG_0788

こんなにも。もうね、たまらんですよ。

IMG_0815

ウルフガイシリーズの愛蔵版表紙はローマ風味の落ち着いた色調で気に入ってる表紙のひとつなのだけど、今回の展示ではなぜか7枚。おかしい。8枚のはずなのに。と思ったら「ブーステッドマン」の表紙が展示されてなかった。きー!

 「未完の油彩群」コーナー。題名や年次の不明な作品(未完含む)も多く展示されていたのだけど、そのなかでも壁一杯に展示されていた習作(大作「破壊される人間」の習作らしい)には心の準備ができてなかったのもあって圧倒された。素人目にはこれのどこが習作?という完成度。このコーナーも撮影OKだったので写真もたくさん撮ってきたけどこれだけはぜひ実物を見てほしい。てか実物を見に行かないとだめ。脳味噌をえぐられるような濃い時間。まさに魂を揺さぶられる体験。

さて、今回も図録を含めて山ほどグッズを買い込んできた。

IMG_0862

レジ待ちの間、公式サイトでも告知されていたデジタル複製画に後ろ髪を引かれる。特に「平井和正ライブラリー」シリーズの井沢郁恵複製画から目が離せない。これね。

ぐずぐずしてるうちにレジ完了してしまう。どうするか。決して安くない。でもここで躊躇すると今後入手する機会がなくなるかも。ええい買っちゃえ。ということで4週間後に複製画が届くことになりました。どうすんだ買うって言っちゃったあとだぞ。

2018年に東京での展示が予定されているらしいので、その日に向けてさらに生賴先生の偉業に傅きつつこれから図録を舐めるように鑑賞するよ。

広告

生賴範義展に行ってきたよ

感動と感激さめやらぬうちに記録しておかないと。

 

生賴範義展Ⅱ 記憶の回廊

http://ohrai.net/

 

みやざきアートセンターにて。

IMG_3824

 

エレベーターで5階へ。

IMG_3825

 

IMG_3823

 

マッドマックス2の特大パネルでお出迎え。

  IMG_2333

昨年に引き続く第2弾。「記憶の回廊」と銘打った本展示では、1966年から1984年の作品を中心に展示。第1回を逃したので今回は気合い入りました。宮崎は遠かったけどこの展示のために行く価値がある。

 

生賴先生の作品そのものは好きすぎてなにか評価するのもおこがましく、案の定生絵の展示を前にすると打ち震えて言葉も出ないのだ。「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」ポスターは言わずもがな、大胆な構図と独特の造形描写で見る者を圧倒しねじ伏せる。

 

「破壊される人間のための習作」や「我々の所産」(山田正紀著「神狩り2」の装画に使用)など貴重な展示もあり、どちらも生絵の重厚な塗りと発色に印刷で見慣れた身でも雷撃に打たれるインパクト。

 

点描の画力も特筆すべきところ。ジャック・ニクラウスとか尾崎将司とかもう写真だろこれというリアリティ。筆一本で成し遂げる天才の仕事ぶり。

 

平井和正先生(故人になってしまわれた。合掌)の諸作品の挿絵から生賴先生の信者になっていった身としてはどうしても冷静に観賞することなどできなくて、「時を継ぐ者たち」(ポスター持ってた)や「魂の使徒」(同)の原画を拝む機会を得たことに心から感謝したい。「死霊狩り3」の文庫版装画も印刷より鮮明で重厚。

 

そして「SFアドベンチャー」表紙を飾った91人の女神。前回は抜粋展示だったらしいのでフル展示が嬉しい。麗しき神話の美女の数々。

 

生賴先生が91人の美女の中で一番丁寧に仕上げたというパウリナ。足下に花も沿える。

IMG_2373

 

テオドラ。同誌を購入し始めた1985年7月号からの表紙はもう絵とかじゃなくて血流の一部。

IMG_2379

 

異彩を放つ美女フレデグンデの前で20分ほど恍惚としてた。フレデグンデは俺の嫁。

IMG_2392

 

IMG_2393

 

もちろんグッズは「全部」買いました。今回の図録は糸かがり綴じという特殊製本になっていて、見開きでもページが完全に開かれる親切仕様。舐めるように観賞するには最適。今回は展示数自体はだいぶ絞り込んでいて、その分図録が充実してる印象。2016年に予定しているという第3弾では新たに発掘したものも含めて大量展示していただきたい。てか展示映像で樋口真嗣監督が言ってたように生賴範義美術館作ってほしい。もう毎年行くよ。

 

そんなわけで猛暑のなか出向いた生賴範義展はひさびさに魂滾る体験に。心ゆくまで滾るがよい。

8月30日まで開催中。

スイスから帰りましたよ

民間防衛の国から自宅警備の国へ。しかし日本も寒いがな。
すでに2008年も残すところ350日余り、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

そんなわけでコメントもトラックバックもできないですが生存報告です。
写真などは追ってアップする予定。